ただの日記

オリンピックのテーマソングだった大黒摩季『熱くなれ』を熱く語らせてくれ

オリンピックのテーマソングの中で、どの曲が一番好きですか?

数多くある中でも、私は大黒摩季の『熱くなれ』がダントツで好きです。

あのスピード感、出だしから全開モード、心に刺さる歌詞、楽器の使い方、圧倒的パワー、どこを取ってもパーフェクト!

今回はヘドバンするくらい好きな『熱くなれ』について、熱く語るよー。

ここが好き!ハッと驚く曲の構成

まず出だしから度肝を抜かされる。

い、いきなり?

Everybody go!
Everybody go!
Everybody go!
Find your way!

 

イントロなし!キンキンするくらいの高音から始まるこの曲に、耳を奪われた人も多いはず。

 

Changin’ here we go!

はい、ここー!

特に「go!」

音が突き抜けちゃってるから。音階、大丈夫ですか?

 

しっかし、ドラムと声だけでよくこんなに表現できるよなぁ。

ってか、ドラムに負けない声量ってどうよ?バケモノ?(笑)

 

これね、よ~く聴くとEverybody go!の後ろで「Ah~」ってコーラスが入ってるの。

この「AH~」が好き。

コーラスとの重なりで深みが出ちゃってるぅ~。

 

いきなりラスボス感を出して始まる『熱くなれ』がどう終わるかと言うと、最後もラスボスで終わります。

最後のサビが終わると同時に

Everybody go!
Everybody go!
Everybody go!
Find your way!

出たーーーーーー!

最後も持ってきたーーー!

 

しかもですよ、

Changin’ here we go!

はい、ここー!

出だしとは違って最後のこの節だけは、楽器の音が一切入ってないのです。

己の声のみ。

 

潔いぃぃ~~~!

 

「引っ込んでな、最後は私が締めてやるからよ」

 

いきなり始まって、いきなり終わる。

カッコイイっす。姐さん、めちゃカッコイイっす。

ここが好き!楽器の使い方

腕がちぎれるくらい叩くドラム

ロックだからギターも活躍するんだけどさ、終始ドコドコ叩くドラムにしびれたよ。

マジで叩きまくり。

 

出だしからバンバン叩いてるけどサビの前はヤバイね。

【聴きどころ】
01:22、02:13

サビ直前に高速にドラムをぶっ叩く!ドコドコドコドコ

からの~、サビ

SHININ’ MY LIFE 時間を超えて

完璧なサビへの入りですな。

 

ロックの中で光るピアノ

昔、大黒摩季が言ってたんだけど、一日一回はピアノを弾かないと気持ち悪いんだって。

 

『熱くなれ』はハイテンポなバリバリのロック。

なんだけど、ここにピアノを入れちゃうんだよねー。

それがまたいいアクセントになってんだわ。

【聴きどころ】
01:14、02:06

サビに入る準備で一度沈むんだよね。

そこの繋ぎ目にピアノを挟んでるの。

ここにピアノ使っちゃうのかー。そうかー。

 

それと、一番盛り上がる最後のサビの前の静かなサビ。

ここでもピアノを使ってます。

【聴きどころ】
03:00~

ここね、伴奏がドラムとピアノだけになるんですよ。

んもう~~~、この組み合わせがたまんない。

なにこの溜め。

『熱くなれ』の中で一番静かな小節なだけに聴きいっちゃう。

歌詞もめちゃくちゃいいんだわ。

ここが好き!心に響く歌詞

未来が見えないと不安になるけど
くっきり見えると怖くなる
I KNOW… YOU KNOW!!

ズバッ!と言われてしまったよ。

転職、結婚、老後などなど、自分の将来を考えると常に不安になる。

だって、未来が見えないから。

 

どうなってしまうんだろうと不安に押しつぶされそうになるけど、やたら具体的にわかるのも嫌だよね。

 

何をやっても結果が決まってるとしたら、なんもやる気になれないよ。

わからないから試行錯誤したり、挑戦するんだもの。

 

目先の不安に囚われて見えなくなってしまっても、心の奥底では不確定な未来を望んでる。

最後の英語でドキッとしたよ。

「本当はあんたもわかってんでしょ」

————————————–

正義が社会を救えないなら
愛しかないでしょう

ねえさーーーーん、もうついてくーーー!

そうそう、そうなんだよ。

理不尽なことが多い世の中で、救いとなるものがあるとしたら、やっぱり『愛』ではないでしょうか。

キザでも照れくさくても薄っぺらに見えても、『愛』なくして生きてはいけないのです。

————————————–

自由に思いのままに
本気で生きてみたい
だから今

あぁ、もうっ!

なんなの、この人。

 

大事な瞬間はいつ?練習した過去?次回のオリンピック?

違う!

生きている『今』この瞬間だ!

 

「私は本気出すけど、あんたはどうすんの?」

 

「本気で生きる」って夢があるかないかじゃないと思うけど、周りが見えなくくらい夢中になれるものがあるのは、なんだか憧れちゃうなぁ。

 

たとえ苦しくても、失敗を繰り返したとしても、自分の意志で思いっきり生きてる人は、目の奥がキラリと輝いてるんだ。

————————————–

もっと もっと 熱くなれ

キターーーーーー!

ド直球!真骨頂!

 

周りの声なんて関係ない。

カッコイイも、悪いもない。

いいから思うようにやっちゃいな。

 

どこまでも潔い歌だよ。

まさにオリンピックのテーマソングにぴったり。

もし私がオリンピック選手だったら、プレイ直前まで『熱くなれ』を聴いて自分を盛り上げるよ。

 

なんかさー、「もっと熱くなれ」って言われると、自分のままでいいんだって思えてくるんだよね。不思議。

元気になれるんだよー。

ここが好き!高音から声量まで兼ね揃えた圧倒的歌唱力

ここまで『熱くなれ』の曲について語ってきたけれど、こっっっんな暑苦しい曲を誰が歌えると思います?

大黒摩季しかいなくない?

彼女より歌が上手い人やパワフルな人はいると思うけど、この曲は大黒摩季でこそなんだよなぁ。

 

この速いテンポで、途中にラップも入って、高いキーで歌い続けながら思いを表現するって、いやー、並大抵じゃないわ。

 

声量も歌唱力もハンパない。

何回かライブに行ったけど、ちゃんと最後の「go!」も歌ってるからね。

口パクじゃないんだよ。凄すぎだよ。

 

私
エビバディゴ!
エビバディゴ!
エビバディゴ!
ファ~アウェ~~!(裏声)

ここが好き!モノマネできないオンリーワンの存在

『熱くなれ』を歌える人はいるかもしれないけど、ここまで表現できる人はいない。

最後の「go!」なんて、どっから声だしてんの?って感じだし。

 

この曲はね、スパッと気持ちよく「go!」で終わるの。

決めなの。

「go!」が出る前提の歌だからなぁ、すげーよなー。

 

誰にもモノマネできない個性がある。

 

しびれる~~~。

もう好き。

大好き。

 

『熱くなれ』を聴いて熱くならない人なんているのかな?

 

気付いたら縦揺れしちゃう魂の歌だよ。

チョーカッコイイ!!

 

ってことで、私の大好きな曲『熱くなれ』を語らせてもらいました。

ぜひぜひ聴いてみてくださーい。

 

そうそう、楽器の音を逃さないこのヘッドホンがおすすめだよ。

迫力が違う。

【WH-1000XM3レビュー】ノイキャン凄すぎ!ダントツの没入感巷で噂されてるやべーヘッドホン『WH-1000MX3』をとうとう手に入れました! ずっと前から気にはなっていたのです。 ...